FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

待望のムギイカ釣り

2016年 05月15日 08:16 (日)

ゴールデンWは天候の都合もあり釣りに行けませんでしたが、13日に待望のムギイカ釣りに行ってきました。ムギイカといえば2年前に爆釣し、昨年はまさかの坊主といずれも記憶に残る釣り。昨年のリベンジなるか?

ムギイカ釣りとイカ鯛で好調な成績をだしている美浜港出港の新漁丸さんの乗合船、当日は6名で、一人竿2本出しができる余裕です。抽選で3番くじを引き、左舷ミヨシの釣り座に。まだ明るい午後4時40分に港を出て、ポイントには約1時間で到着。

DSC_0286.jpg

当日は晴れ、べた凪で絶好の釣り日和! 当日の仕掛けですが、緑赤、赤白のおっぱいスッテを中心に5本針。ロッドはイカ直結の9:1調子で堅めの竿。リールはイカ専用でなく、シマノプレイズ1000で、道糸PE3号に先糸にフロロ7号。

DSC_0288.jpg

船長から棚の指示がないため、最初は2年前に爆釣りした釣り方で開始。電動巻き上げ&シャクリ方式です。しかし、1時間たっても全く釣れません。明るい時間帯だから仕方ないかと思いきや、右舷ミヨシのほうではスルメを3杯釣りあげています。棚を聞くとべた底。 

小生もべた底から1mぐらい仕掛けを上げて置き竿に。定期的に竿を上下にゆすり誘いをかけると竿先に微妙な動きが…アタリです。べた底ではムギでなく、30cm前後のスルメイカです。 このやり方で8時ごろまでスルメを10杯ゲット

surume.jpg


船長から5mから10mの浅いところでムギが釣れると教えてもらい、棚をチェンジ。 釣り方は20mぐらいまで仕掛けをゆっくり落とし、巻き上げ&チャクリ方式でと親切に教えてくれましたが、なかなかヒットしません。 見かねて船長が実際にやって見せてくれましたが、竿が堅くてアタリがわからないなということで、イカダイ用に持参した7:3調子の竿に変更。

DSC_0287.jpg

何と、船長さんが自分で釣るために用意していた仕掛けに変更までしてくれました。おっぱいスッテでも鉄板の緑赤や緑白でなく、触るとポニョポニョのやつ(ヤマシタ製の Lおっぱいスッテ) です。しかもカラーは今まで使ったこともない組み合わせ。 浅い棚なのでオモリも50号までセットしてくれました。こんな船長さん初めてです。

oppai.jpg

船長さんが勧める仕掛けと釣り方で釣れないわけがありません。たまに空振りがありますが、1投1杯の手返し重視の釣り方で退屈することもなく釣れます。

mugi1.jpg

当日釣れたムギイカは15cm未満の小型ムギがほとんどでしたが、アタリがあればしっかり竿先に伝わります。納竿の12時までに約40杯!なんと、船長さんがイカダイ用に釣ったムギイカを20杯ぐらいくれて…60杯近くに! 

mugi2.jpg

尚、当日はイカダイ狙いもできたのですが、イカダイ用の竿をムギイカ用にチェンジしたので、最後までムギイカオンリーに!前日は釣れていたタイも当日は船中ゼロ。ほかのブログでは鯛が釣れるところではムギイカがあまり釣れないという記事も。『2兎を追うもの1兎を得ず』ということかな? イカダイはあくまでもオマケぐらいで臨んだほうがいいみたいですね。いかんせん、柔らかくて超美味のムギイカが釣れる時期は限られていますからね。

それにしても2年前に爆釣したときの釣り方と仕掛け、棚が全然違い,,改めて釣りの奥行きの深さを痛感させられました。他の乗合船の釣果を見ても差が多く、船宿選びも…

釣れたムギイカはその柔らかさと美味は裏切りませんでしたね。新漁丸さんの船長さんに感謝、感謝です!