FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

イワシ&カサゴのリレー釣り満喫

2015年 12月14日 22:04 (月)

師崎港出港の船宿「まとばや」さんのHPをチェックしていたらイワシ+カサゴのダブルで美味しいコースが出ており、早速予約を入れて13日行って来ました。

 午後から雨で風も少し強いという予報でしたが、結果的に波も穏やかで風も弱く、12月とは思えない絶好の釣り日和。イワシは群れがあればテクニックもいらず、お土産が保障されており、干したカタクチイワシは酒のつまみにはもってこい。

 イワシ釣りのポイントは師崎港から20分ほどで、眼前に風力発電の風車がいくつも並んでいる。碧南かな?よくわかりませんが…
 
ポイントに到着しましたが、投入の合図がありません。手元の探見丸をみても魚群は現れません。潮が動けば釣れるというアナウンスがありましたが、先行き思いやられます。1時間ぐらい、小移動を繰り返します。群れが固まりだしたのは1時間ぐらい経ってからです。

 群れがきても、投入に遅れるとイワシの足が速いため、いかにいち早く群れに仕掛けを投入するか。イワシ釣りってこんなに難しかった?それでも竿先にアタリを知らせるシグナルが来た場合、12本の針にほぼパーフェクトにイワシがかかります。午前9時半までの2時間で結局89匹のカタクチイワシをゲット!根掛り覚悟で底を攻めれば大きなマイワシも狙えましたが、サビキ釣りで一気に数を稼ぐ釣りを堪能しました。

DSC_0239.jpg

 イワシ釣りを堪能した後は30分移動して伊良湖沖へカサゴ釣りに!神島の西側ポイントだと思います。仕掛けは根掛りも多い釣りのため自作の2本針仕様を多数持参。丸セイゴ12号針でカサゴが大好きな赤い針。船宿配布の餌はコウナゴとサンマの切り身短冊です。「まとばや」さんでは乗船時、餌の付け方をレクチャーしてくれます。他船でのカサゴ釣りの時には、コウナゴの頭を切ってちょんがけと学習していたのですが…頭を切らず下あごから刺してから針を回転させ、下アゴ側に戻す縫い刺し法で、垂らしたときに真っ直ぐになるよう微調整して付けます。これだと餌が外れにくいとのこと。サンマの切り身短冊は端の真ん中にちょんがけです。

 こちらは第一投からアタリのシグナルで大型のカサゴが!これはいけるなと思ったのですがボチボチの拾い釣りになり、沈黙タイムも! 途中、70mラインで大型のマアジも釣れました。今年は貴重なマアジ!中型サイズをもう1匹追加。ラッキー!

CIMG0034.jpg

 正午から潮が動かなくなり、船上も静かになり、最終的には大きな良型カサゴ2匹を含む12匹で納竿! イワシの大漁、お土産のカサゴ、外道で大型マアジと満足の釣りとなりました。

DSC_0237.jpg