FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

伊勢湾のウタセ真鯛、初チャレンジ!

2015年 10月11日 11:01 (日)

遂に禁断のマダイ釣りに挑戦してきました。伊勢湾のウタセ真鯛、豊浜の竜宝丸さんの乗合で!土曜日ですが師崎の船がお祭りのため一斉休船です。本来なら初挑戦ですので、少人数の乗合で、初心者にも親切に教えてくれそうな船宿を選択すべきなのですが…

竜宝丸さんの釣り座は先着順で、早めに行っても、狙い目の大トモは確保されており、4時過ぎに到着しましたが、トモ側から埋まっており、右舷ミヨシから3番目の釣り座を選択。当日は2艘出しでしたが、隣との間隔は2mぐらいの混みようです。
       DSC_0126.jpg

初めての釣りなので、当日は釣果よりいかに次回の課題をつかむかです。何事も実際自分でやってみなければわかりません。まさしくチャレンジです。

当日の潮汐等
 くもり、弱風、波少なし、大潮前日の中潮、満潮4:17、干潮10:21

タックル
 ロッド:ダイワ・リーデイング73MH    電動リール:シマノプレイズ1000(PE3号+フロロ6号3m)

仕掛け(自作)
 幹糸7号 枝間2m、 ハリス6号1.5m、マダイ針(伊勢尼針)11~12号
 *捨て糸は3m(竜宝丸さん乗船の場合は乗船時に配られます。)
 *オモリは釣り座で船頭さんからその都度指示があり、当日は40~80号使用。(オモリは船宿が用意)

当日の釣果
 マダイ20cm1匹、ハマチ(40~50cm)4匹

      DSC_0129.jpg


実釣と課題
 坊主覚悟でしたが、待望の人生初マダイを釣りました。たった20cmぐらいですが、尾ひれの端が黒く、チダイでなく正真正銘のマダイです。さすが魚の王様、小ぶりでも肉厚です。結構大きなウタセエビで釣れました。船宿から支給されるウタセエビは小から大までとサイズはバラバラ。無くなれば追加できるので小ぶりのエビは海にお返ししたほうがいいかもしれませんね。エサつけがこの釣りの肝ですね。隣の方は仕掛けを回収してもエビがついいたままのケースが多く、小生のほうはほば海中で外れていることが多く、エサつけのレベルアップが必要です。

 ハリスが1.5m、捨て糸が3mもあるので、仕掛けの手前マツリの可能性大です。当日は風が弱かったからいいものの、風が強い時は厳しいと思います。小生は針を磁石で留めるグッズを持参したのでかなり助かりましたが…回収する時は幹糸を手繰っていると思ったらハリスを手繰っていたりと混乱をきたします。親子サルカンから幹糸とハリスを重ねて手繰ると手前マツリは少なくなると思いました。エサつけと長い仕掛けの扱いをマスターすれば、いずれ大きいマダイも釣れると思います。

船頭さんがエビを撒くのですが、小生の隣、右舷ミヨシの2番と3番の間で、潮の流れで当然トモ側が有利となります。数もトモ側の方が多く、釣り座で釣果が決まります。ただ小生の左隣の方が大きなマダイを1匹釣りあげていましたので、最後まで何が起きるかわからないスリルもありますね。

 ウタセ真鯛釣りですが、後半はハマチ狙いのポイントに移動した可能性があります。釣り方は底からゆっくり5mほど巻き上げて誘います。ハマチは冬の日本海で爆釣できるのですが…当日は4匹お土産でゲットしました。