FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

ワラサ釣り初挑戦!

2015年 08月16日 15:33 (日)

8月15日、お盆に日本海のワラサ釣りに行ってきました。秋冬のハマチ釣りと違って乗合船を出している船宿は少なく、ある意味狙い目ですが、たまたまここ数日、絶好調ということで、ほぼ思い付きで(笑)

船宿はハマチ釣りでお世話になったことある美浜釣船センターで宝生丸に10名が乗船。午後4時釣り座の抽選でなんと1番をゲット!左舷大トモを確保して4時半過ぎに出発、ポイントには約40分で到着です。

DSC_0070.jpg

ワラサが明るいうちに釣れないかどうかわかりませんが、常連さんは天秤やサビキでイサキを狙っています。隣の右舷大トモのおじさんは午後7時過ぎまで天秤に80号のオモリ、つけエサは撒き餌のオキアミをつけてほぼ入れ食い状態でした。日が沈むまでの暇つぶしには天秤仕掛けも持参したほうがいいでしょうね。

さて、本命のワラサ釣りに話を戻します。まずはタックルと仕掛けについて。
 竿=ダイワシーパワー73 80号(オモリ負荷150号) 電動リール=ダイワシーボーグ500
 道糸=PE4号 仕掛け=ハリミツ ハマチ・ワラサ胴突3本(幹糸12号、ハリス14号 太地ムツバリ17号)
 クッションゴム=ハヤブサの海戦ハイパークッション(太さ2.5mm、長さ1M)

PE4号は最終的に問題ありませんでしたが、恐らく周りの方は5号以上使っているのでオマツリに巻き込まれたケースが多かったように思います。多数乗船の場合はやはり5号がベストか?

釣り方はハマチ釣りと一緒で、指示棚近辺でオキアミのコマセを撒き、ロッドキーパーに置き竿して待つだけです。当日の指示棚は25m。アタリも竿の動きを見ていれば誰でもわかります。

待望の1本目は午後8時過ぎに。右舷大トモ、左舷トモ2番目と3名ほぼ同時にアタリ。竿がガンガン上下に揺れ、途中大きく食い込むことも。それでも胴突き仕掛けなので、大きく左右に流れることはありません。両手で手繰り寄せて回収しますが、想像していた以上に簡単に海面まで引き上げられました。船上へは隣人の協力でタモで回収します。さすがに大物なのでごぼう抜きは危険です。暴れまわるので針が外れる可能性があります。

DSC_0072.jpg

当日は群れが小さいのか、そのあと全くアタリすらありません。大サバでも釣れれば途切れそうな集中力も維持できるのですが…隣のおじさんは天秤仕掛けでまたもやイサキ釣り狙いに(笑) 群れの大きさはわかりませんが、当日は近隣に3つのワラサ狙いの船が集まっており、これも原因かもしれません。敦賀色浜からの船も! どうやら他の船にワラサが集まったようで、他の船は11時には早帰り。

他の船が去った後は、そのポイントに移動! それからは大サバやワラサがぼちぼちあがり出し、小生にも納竿の午前1時までに2本追加!激ウマの日本海サバ3本も追加、釣果は当日の厳しい状況から満足のいくものです。

DSC_0074.jpg