06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

大山沖の大アジ

2015年 07月20日 10:56 (月)

大山沖に今年初のイサキ釣りに同僚のH君と行ってきました。釣り宿は師崎のまとばやさんです。

台風11号通過後初の大山沖、しかも世間でいう三連休のなか日ということで、船は超満員。みなさん考えることは一緒です(笑)小が乗った船まとばや丸11号はなんと33人が乗船。オーマイゴッド!大潮で天秤吹き流し仕掛けのイサキ釣りではオマツリ必至。

春に新規購入したダイワのリーディング73MH100とシマノ電動リールフォースマスター400の超軽量タックルの2回目のデビューです。前回はカサゴ釣りだったので問題なく快適でしたが、今回はイサキとアジ狙い。果たしてPE2号を巻いた軽量タックルでどんな釣りができるのか?そしてイサキ釣り仕掛けも自作初デビュー。 実は釣果と同じくらい当日は目的がありました。

多少波はあったものの1時間ぐらい走って大山沖に到着。実釣開始です。隣席とは1mもありません(泣) 船はまさしく難民輸送船と化しています。まともに仕掛けを回収できるはずもありません。しかも小生が構えた釣り座の左舷側は11時過ぎまでたまにイサキがかかる程度。同僚は大アジ1匹、小生は坊主! コマセ撒きとオマツリした仕掛けをほどすのに明け暮れに!

最初のポイントは棚21mではアタリすらなく、ロッドと自作仕掛けの効能すらわからずじまい。移動して棚26mポイントでやっと時合到来。当然小生にも初当り。今まで釣ったこともない大型アジ。

棚26mより浅目はサバ、深めが大アジとはっきり棚がすみわけられており、27mぐらいからゆっくり巻き上げ26.3mで止めるとほぼ大アジのアタリ。ただ船中でサバをかけた仕掛けが走り回り、貴重な時合タイムもロスだらけ。残り時間45分のアナウンスが流れ、同僚のアイデアで吹き流しから胴突き仕掛けに変更。幸い、大サバ用に作ってあった胴突き仕掛けも持参していたので、それにチェンジ。仕掛けはサビキ針なので、時合にはコマセを撒かなくても食ってきます。

結果、イサキは坊主でしたが、大アジが1時間ぐらいの時合タイムで10匹釣れて、何とか恰好をつけれた釣りとなりました。

超軽量タックルですが、竿が73調子で、大アジがかかるとぐいぐい食い込みます。食い込みがいいので、かなり早いスピードで巻き上げてもバラシがありません。難点は竿先が柔らかいので仕掛けを回収し竿を立てた時、竿先が折れないか注意しなければいけないことです。オマツリをほどす時も、抵抗なく曲がります。抵抗がないだけに気をつけないとね。PE2号にフロロカーボン5号を3mリーダーとして使用しましたが、大アジ2匹掛かっても難なく釣りあげれましたので、アジ、サバ、イサキ釣りでは問題ないでしょう。

イサキは結局、最後まで釣れませんでした。船中、釣りあげている方も見えましたが、釣り座、潮の流れで決まるみたいで、テクニックやタックルは全く関係ないので、あきらめるしかありません。ホームページはどこも好調みたいことが載っていますが…

去年は当初3回のイサキ釣りでたった11匹、8月~9月で爆釣、今年はどうなるのでしょうk?

DSC_0036.jpg