FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

まさかの坊主!敦賀湾でのムギイカ

2015年 04月26日 20:48 (日)

 昨年はゴールデンウイーク前から始まった敦賀湾でのムギイカ爆釣劇、今年は何とか4月23日に敦賀色ケ浜港の各船宿がスタートを切りました。今年に入ってヤリイカの不調と悪天候でほとんど睡眠状態の船宿ですが、このムギイカでなんとか活況を戻してほしいものです。

 そんなわけで開幕週の土曜日、25日に行ってきました。各船宿は釣り時間が違い、一番体に優しい午後9時から翌朝5時までの便を出している日吉丸さん.。当日の朝予約を入れたらほぼ満席とのこと。

          DSC_0683.jpg

 釣り座は出港前に事務所で抽選ですが、この日はグループできている方が多く、3グループ16名前、単独者は3名の合計19名。抽選はなんと最後で左舷のミヨシに決定。偶然ですが、単独で来ている3名が左舷ミヨシから順番に並ぶ結果となりました。

         DSC_0685.jpg  DSC_0687.jpg


 午後9時前、出港で約1時間10分ぐらい走り釣り場に到着です。穏やかな日で、波もなく最高の夜釣り日和です。あとは釣果だけですが、釣り宿のHPを見る限りでは30杯も釣れれば上出来!昨年は100杯弱釣ったので、30~50杯を目標に開始です!
 
 仕掛けはおっぱいスッテ3号で、赤白、赤緑の2種類を交互に6本針。リーダーは自作で幹糸5号、ハリス4号。枝間120cm、ハリスは10cmの一般的な仕様です。オモリは80~100号で船長の指示があります。

 船長からの指示棚は海面から80m~20mです。釣り方はみんさんバラバラですが、小生は電動リールのスピードを7~9ぐらに回して小刻みに竿をしゃくり続ける方法です。全て昨年爆釣りした時と全く同じスタイルです。

 開始から午後11時ごろになっても船中は静かなまま。見かねたのか、珍しく船長が場所を変えるとのこと。アンカーを船長一人で巻きあげるのに10分ほどかかるのですが…

 場所を移動しても状況は変わりません。朝5時まで、たっぷり時間があるのですが、全く釣れる雰囲気がありません。右舷ミヨシの方が生簀に3杯ぐらい釣っている程度で、またしても午前1時すぎに場所移動。かかり釣りがあたりまのイカ釣りですが、2回も場所を変えるほど厳しい状況が続きます。

 新しく移動した場所でも全く状況が変わりません。グループで来ているかたは最後まで頑張っていましたが、個人で来ていた左舷ミヨシ側のかたは午前3時から4時ごろに順次、釣り具を片づける始末!小生も納竿1時間の午前4時過ぎに片づけを開始。沖釣りで初の坊主です!大きなマダイ狙いならまだしも…
記念に結局1杯も入らなかった生簀を記念撮影(笑)

           DSC_0686.jpg

 翌日の日吉丸さんのHP,25日の釣果情報欄
  『たくさんのお客様にご乗船いただきましたが、たいへん残念な結果に終わりました

 釣りは自然相手ですので、こういうときもあります。忍耐の釣りを経験できたのは、かえって良かったかもしれませんね。