FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

初物尽くし ヤリイカIN駿河湾

2015年 02月08日 13:46 (日)

待ちに待ったヤリイカ釣りに行ってきました。

本来なら準ホームグラウンドの敦賀へ行くところですが、ここ最近の釣果が12時間のロングランで10杯以下と厳しいことから、ジャンボヤリイカが釣れている駿河湾に決定!

御前崎港出港の博栄丸さん
   DSC_0636.jpg

初めて使う船宿、しかも御前崎へ車で行くのも初めてということで、前日の夜11時前に自宅を出発。ナビでは2時間30分ぐらいで到着予定。名古屋からは敦賀へ行くより30分ほど時間がかかります。

御前崎に到着して仮眠をとり、4時半には御前崎港の駐車場へ。看板が無いため不安でしたが、いかにも釣り人と思われる車が数台停まっており、そこで待つことに。ホームページを見ても分かりづらいですが、御前崎港に常駐している海上保安庁の『ふじ』の前にある駐車場です。

通常の船宿と違い、事務所があるわけでもなく、出前テントもありません。午前5時半に船がやってきて、それとほぼ同時に氷を積んだ軽トラックも到着! いきなりくじ引きです。なんと1番クジをゲット! 前回の美浜では2番クジだったのでクジ運だけはいいみたいです。 好きな場所を選べるので迷わず右舷側の大トモを選択!ここならお祭りがかなり防げますし、潮の流れにあまり左右されないお宝釣り座。
 DSC_0641.jpg


荷物を積んですぐ船は出発します。ちなみにお金は下船後に支払いますので、実に効率的な出港です。

ほぼ1時間ほど船を走らせポイントに到着です。今日は予報と違い、曇り空で波も結構あります。

仕掛けはヤマシタのイカ釣プロサビキSKです。(単品購入は玉屋釣具店
  sakana3.jpg
 駿河湾の大型ヤリイカ釣りで実績のあるさかさかな針で、博栄丸でもこの仕掛けを販売しています。ちなみに税込で1000円ですので、釣具屋さんで購入するより割安です。他のブログで知ったのですが、駿河湾ではダヤエース11㎝2段もいいみたいですね。

6時半には開始しましたが、船の横揺れがひどく、珍しく船酔い。しかも例のごとく投入器があるのに手前まつりや、オモリの落下、投入時のライントラブルで仕掛けが全部海中へなどの連続で9時ごろまではほとんど釣りになりませんでした。

釣りになり始めたのは場所を移動してからです。最初の場所が具体的にどこだったのかわかりませんが、15分ぐらい走ったでしょうか? そこにはヤリイカ狙いの船が20~30艘おり、活気づいています。
 DSC_0639.jpg

 待望の初ヤリイカはいきなりのジャンボサイズ! それまでアタリすらわからない状況でしたが、手で巻き上げるだけで相当な圧がかかるので、すぐわかりました。底から10m以内を竿を下げて腰まで上げる間に巻き上げるを繰り返すパターンで連続5回大型ヤリイカをゲット! ダブルは1回しかありませんでしたが、これでお土産確保です。

DSC_0640.jpg
 大型のためやり型のエンペラが生簀からはみ出ています。

 ところがマイ入れ食いタイムも1時間ほどで終了し、その後2時間半で小型のメスを1杯追加して午後1時に納竿。
 最終的には大型ヤリイカを6杯、小型1杯の合計7杯でした。数は同船者を見てもさほど変わらず、時間のロスがあった割に上出来といえるでしょう。大型ヤリイカなので船代ぐらい価値ありで満足!

DSC_0643.jpg

次回に向けてのマイポイント
①駿河湾の棚は深いです。、当日は270M前後で、300m巻いてあるリールでも高切れしたら即アウトです。
②手前まつりを防ぐには、幹糸を最初の角が手前にくるぐらいまで巻き上げて常にテンションを持たせて手繰り寄せる。
③錘は仕掛けについているスナップが入らない形状の場合は、仕掛けに大型スナップを付けると錘が外れません。
④大型なので1匹づつ入る大きいビニール袋を持参する。イカ袋  ソロで大コ~ラス!(凍らす) Lサイズ