FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

2015年初釣り

2015年 01月25日 17:52 (日)

若狭湾のハマチ釣り、前回の醍醐味が忘れず年末から計画していたのですが、冬の日本海、都合つく日に出船する日もなく、24日に何とか今年初釣りで行ってきました。

正前回お世話になった敦賀色浜の泰丸さんも年明けはヤリイカ釣り一本になり、ハマチのシーズン終了かと思いきや、同じ若狭湾で美浜釣舟センターで半夜便が。しかも今年ぜひチャレンジしたいヤリイカも同じ半夜便で出来るとあって好都合!

初めての利用はいつも不安がつきまとうものですが、電話予約入れた時の対応が最悪で、とてもお客を歓迎「しているとは思えません。まあ、船に乗れればいいし、対応のまずさは我慢して当日を迎えました。

名古屋からは車で2時間ということで、敦賀色浜とほぼ同じぐらいの所要時間です。半夜便の出港が午後3時半なので、お昼にでれば間に合います。

美浜早瀬港にある美浜釣舟センターは三方五湖に面した風光明媚な場所にあります。
DSC_0629.jpg
DSC_0628.jpg

午後2時ごろに到着し、早速受付です。電話の応対の悪さは到着してわかりました。ここは通常の船宿でなく、契約している船の取次所みたいな所で、高齢な夫婦が営んでいました。DSC_0627.jpg

船着き場には3時ごろに船が到着、船は3艘あるらしく、当日は新鮮丸です。場所は受け付け順に引いて、3番目を当て、左舷のトモから2番目の場所をゲット!

港から30分ほど走りポイントに到着です。まだ日が沈むまで1時間ほどあり、この時期としては海も穏やかで初釣り開始!まずはハマチ釣りから…。意外と早く到着したおかげで?オキアミはまだカチカチの状態です。なんとか砕いて始めますが、なかなかあたりがありません。船中1号と思われたのは左舷ミヨシの方、そうこうしていると小生の竿にも…追い食いを待って早々にダブルでスタートしました。

群れが小さいのか周りは静かなままで、日が暮れて灯りが灯されてからボチボチ釣れだし、6時以降は怒涛の入れ食いタイムに!ほぼ同時に天気予報通り、雨。

ほとんどの乗船者は置き竿で釣り上げています。それだけ活性が高いということの証か?置き竿だと追い食いしたかどうか竿の動きだけではわからないので、小生は正攻法で手持ちでシッカリ誘いをかけます。疲労度は倍増ですが…

棚は隣の常連さんから聞くと底から10Mとのこと。5本針でパーフェクトな時もあり、ハマチ釣りの棚は底から10m前後が狙い目なのかもしれませんね。小生も底から10mにタナ取りしたとたん、ハズレもなくなり、コンスタントに楽しみました。

針ハズシにペンチを持参したのですが、しっかり食い込むので大型のペンチがいいかもしれません。また針ハズシのコツですが、ハリスを持ってハマチをぶら下げて、フィッシュホルダーで挟んでハズシそのまま生簀へ入れるのがスマートで多返しアップになるでしょう。

8時半にはクーラー満タン者も続出し、本来ならヤリイカ釣りに変更ですが、波が高くなり安全のために9時には撤収し、港には9時半に到着。小生は前回の20匹を上回る27匹。船内では少ないほうですが、家で嫁さんにさばいてもらえれる限界でしょう(笑)
DSC_0631.jpg

港につくと、事務所は真っ暗で出迎えもありません(笑)

ヤリイカに挑戦できなかったのは残念ですが、船長と常連さんとの立ち話では『ヤリイカのポイントでもハマチが食ってくるので仕掛けがぐちゃぐちゃになり…』  ヤリイカの釣果が少ないのはそうした理由からですね。ヤリイカは専門に狙う釣り宿でチャレンジですね。