FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

2014釣り納め~カサゴ釣り!

2014年 12月24日 21:30 (水)

 12月23日、天皇誕生日に今年最後の釣りに!

 冬場の釣りは風、波高でなかなか決行できる日は少ないですが、予報ではそれほどでもなさそうから、思い切って決行!

 ターゲットはフグかカサゴか迷いましたが、カサゴに決定。どちらも美味ですが、カサゴのほうが数釣りできそうという単純な理由からです。 船宿は夏場でもカサゴ専門で船をだしている師崎港出航のすずえい丸さん。

 日ムラはあるようですが、HPを見る限りでは20匹ぐらいは最低確保したいところ。

 7時に港をでて一路、伊良湖水道へ! さすがに12月で、波があり、船のスピードもいつもより遅い感じです。

  DSC_0616.jpg

 実はカサゴは今までも釣り上げたことはありますが、アジのサビキ釣りの外道ばかりで、餌付けのカサゴ釣りは初めて!船宿仕掛けはチヌ針2号3本、ハリス3号、幹糸6号の胴付き仕掛け。オモリは60号統一です。仕掛けの全長は2Mもありません。船宿支給のつけ餌は小さいハゼとサバの切り身。

前回デビューした探見丸も持参。カサゴは回遊魚でないので魚群というより、根がかり防止のために活用!これが活躍してくれました。底までの距離以上に糸が多く出ていれば糸が流されている証拠でオマツリも防いでくれます。当日は大潮で潮の流れが速く、途中、探見丸が電池切れを起こすまでは、根がかりもオマツリも皆無状態でした。

 DSC_0612.jpg

 さて、実釣ですが、9時頃までは頻繁にアタリがあり、これは掛かったなと思った段階で釣り上げてみても、餌が残ったままということが何回もあり、大苦戦! 途中でバレたのか? それともアタリはあってもフッキングせいていないのか? 結局最期まで原因はわかりません。竿の調子は8:2の固めを使用したのが魚に違和感を与えたのかも知れません。

 中盤以降はアタリが遠のき、おまけに乾電池で使用していた探見丸がまさかの電池切れ!前回のハマチ釣りと合わせてもまだ6時間程度しか使用していないのに……やはり電源コードが必要です。探見丸に頼っていた底までの距離がわからなくなり、オモリが着底するまで糸をだせば、案の定、隣の人やかなり離れた人とオマツリラッシュ。根がかりも多発で釣りにならず!

 最終的には12匹と目標は達成できませんでした。ただデカカサゴも1匹釣りましたし、トリプルもあり、強力な引きも楽しめましたので良しとしましょう! 次回は7:3調子の竿で挑戦しようと思います。隣の人は6:4調子で竿が柔らかく釣りにならなかったと言っていました。
 
  DSC_0614.jpg

 沖上がりしたら竿頭は60匹超え!すごい!悪条件でも上手い人はちゃんと釣るんですね!

 当日の夜は刺身、から揚げ、煮付けで食べましたが、刺身はヒラメ級でした。