FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

タチウオ リベンジ!

2014年 09月16日 20:48 (火)

すっかり秋めいた9月15日、連休最終日!大山沖では異常とも思われるぐらい、イサキが釣れまくっていることもあり、大山沖も検討しましたが、前回ヒットパターンを掴めなかったタチウオ釣りに!

釣り宿はいつもお世話になっている師崎、石川丸さん。ホームページでは三連休の初日、2日目とも超満員!最終日は前日予約でき、午前5時前に到着!ところが、すでに駐車場はほぼ満席の状態で、釣り座は残りものを覚悟。前回、左舷側がほぼ全滅だったので、右舷側を密かに狙っていたのすが、幸い、右舷側トモから2番目の釣り座を確保!ラッキー!

ホームページではどの釣船も何十年に一度の数が釣れているとのことで、目標は30匹!ただ、太刀魚は指2本サイズでは食べるのに苦労するので、せめて指3本クラスは何匹かキープしたいところ!

9月からは朝6時出船!前回同様、師崎港から5分くらいで釣り場に到着!数釣れているいることから、乗合船がぶつかるのではと思われるほど近くに密集状態。

今回の船長はは若船長。餌の付け方方から釣り方まで詳しくアナウンスしてくれます。

サンマの切り身のつか方はネットで事前調査し、縫い刺しを! 釣り方も、前回、最初のアタリがあってすぐ大きく合わせていたのですが、最初のアタリがあったら竿を少し下げ、2回目のアタリがあったら竿を上げ、重みを感じたj瞬間に電動リールのスピードを一気にアップする釣り方に!船長さんからは電動をただ巻きしていても釣れないので誘いを掛けることも!

基本通リやると、第一投から無事釣り上げることに成功!その後、アタリがあっても2回目のアタリを感じることもなく、餌を全部、もしくは半分食われていることまありましたが、リズムよく数を稼ぐことができるように!

イサキではありませんが、タチウオも釣れる棚はほぼ一定であるjことに気づき、上から40メートル前後で釣れることから、その棚でリールを止め、電動リールのスピードを4の微速巻きに統一!このパターンで入れ食いパターンに!周りも含めてアタリがなくなった時間帯には棚40メートルで仕掛けを止めて置竿にしていてもかかってくるほどです!

釣果は目標を上回る37匹。ただ、指2本~2.5本ぐらいのサイズが大半で、サイズ的には少し不満でしたが、ヒットパターンの基本も掌握できたので、大満足!

2014915tachi.jpg