FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

3年振りのタコ釣り!

2018年 07月21日 16:47 (土)

 連日の猛暑、釣りをするにしても暑さ対策、日焼け対策に気をつけなければいけませんが、今年は半端ないですね。特に海上での紫外線照り返しはバカにできません。ということで、ネットで色々と検索するとありますね。特に目についたのはハヤブサの『ヒョウオン』シリーズです。紫外線カットは当然ですが、汗をかけばそれを吸収して体を冷やすという特許?商品です。値段は高いですが、これだけ暑いと体のためにと思い切って購入しました。残念ながら、サイズやデザインによってはどこのサイトをみても売り切れの人気商品で、小生はとりあえずアンダータイツを購入。ダイワの半パンとセットで実釣しましたが、はっきり言って人に内緒にしたいくらい最高でした。ハヤブサの関係者ではありませんが、上は帽子から手袋まで『ヒョウオン』シリーズがラインナップされています。小生は実釣後、すぐに追加でハットネッククーラーを購入しました(笑)

 さて、本題の釣りの話に戻しましょう。夏の風物詩スルメイカですが、関東エリアは相変わらず厳しい状況で、竿頭が10杯以下という船宿が大半です。どこ行ったんでしょうかね? アジやイサキは好調ですが、久しぶりにタコ釣りに行くことに!

 関東エリアでは江戸前のタコが美味しくて有名ですが、基本的には50号タコテンヤの手釣りが主流でどうしても足が向きませんでしたが、釣り雑誌で関東エリアでエギを使った竿釣りOKの船宿があることを発見し、眠っていた血が騒ぎチャレンジしてきました。

 ただし、関東エリアでは3キロ以上の大物も釣れますが、オデコ(ボウズ)も当たり前で5杯も釣れれば上出来という感じです、知多の師崎前で40杯弱釣った感覚は忘れて臨まなければなりません。当日選んだ船宿は三浦半島葉山芝崎港にある五エム丸さんです。この船宿を選んだのは都内から離れていることもあり、難民船のように大勢の釣り人が乗らないこと、午前7時スタートで12時半までのショートコースであることです。真夏の炎天下、単調なタコ釣りで長時間緊張感を保つのは難しいですからね。

 当日のタックルですが、、竿はビシアジ専用竿を流用、リールはダイワのダイナスター250にPE5号、エギは事前に各メーカーから出されている3.5号を中心に13個購入。それにしても釣り具メーカーもタコブームに乗りいろいろなエギを出していますね。3年前にはこれほど販売していなかったのに…しかもいろいろな性能をつけて高すぎ。1回の釣りで根掛りで5~10個はロストする可能性もあり、1個600~800円は高すぎます。高くても釣れればいいですが、安いエギでも変わらないような気がします。落としたエギの近くにタコがいれば乗ってきますからね。

21087213.jpg

 7時出船の予定でしたが初めての船宿ということもあり5時20分には到着。都内の自宅から約1時間半です。釣り座は先着順で一番だったため左舷大トモの釣り座をゲット! 当日の乗船者は5名なので左舷だけに集中。6時には全員ぞろったので予定より1時間早く出港。港を出て5分もしないうちに船はポイントに到着し船長より『はい、始めて』の合図が…早っ!

20187211.jpg


 5名のうち、竿エギ釣りは小生のみで他の4名はテンヤの手釣りです。オモリは50号ですが根掛かり防止のためホゴオモリなるものを初めて使用。開始40分で忘れていたタコ乗りのグニュとした重みが手元に!5秒ほどエギを動かしながら完全にエギにタコが乗るのを待って大きく合わせを入れます。 ここで重みのまま浮けばタコゲット可能性大です。 来ました!3年ぶりの感触!リールを巻くときはタコ釣り至福の時であります。しかし、ここで安心はできません。時としてタコでなく大きな根や流木を釣りあげることもあります。そして巻き上げ途中や水面でばらすことも。隣のおじさんにタモをお願いして慎重に巻き上げ、水面に現れたのは…正真正銘のタコです(笑) 無事タモに収まり船中第一号。結構良型です。オデコ覚悟でしたのでこれで一安心!

 ところが小生が釣りあげた後は全員黙々と仕掛けをトントンと底をたたく作業を繰り返すだけで静かな時間が続きます、。当日は小潮ですが仕掛けが流されて真っ直ぐに落ちません。タコ釣りは仕掛けを底から離さずトントンと動かすのですが、底を取るのに一苦労で、頻繁に底立ちを取る必要があります。 その後、ミヨシ側2名が立て続けにタコをゲットしますが…

 小生は釣りあげた後、根掛りに悩まされます。仕掛けをロストせず解消できればいいのですが、2回(エギ4個)はロスト。まあ、想定内ですが、エギが高価なだけに釣りが慎重になり攻めきれません(笑) 今日は1杯釣れたし、満足満足と思っていた時に、また忘れていた感触が! 納竿1時間前に2杯目をゲットです。2杯目はかなりの小ぶりですが船中2名の方には1杯も乗らず文句は言えません。というか当日の状況では2杯は上出来すぎます。

20187212.jpg

 結局、船中5名で2杯を釣りあげた小生が竿頭(笑) 1杯が2名、オデコが2名と非常に厳しい釣果でした。手釣りの方は手繰り中にバラすシーンもあり、手釣りは難しいなという感想です。隣のオデコのおじさん、先週もオデコで2回続けてのオデコ。タコ釣りでは隣の方がタモ入れに協力するのですが、本当に申し訳ないなと思いました。また逆のこともありますから、ごめんなさいね。

 葉山の地ダコ、美味しくいただきました。皆さん、猛暑が続きますので体調気をつけて釣り楽しんでくださいね!