FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

久しぶりのイカ釣りIN相模湾

2018年 06月25日 23:41 (月)

 先週に引き続き行ってきました。そう、ムギスルメ狙いで! もちろん関東でのスルメ狙いは初となります。こちらでは開幕してほぼ1ケ月が経過しましたが、各釣り宿のHP釣果欄を見る限り平均して竿頭で20杯を切るような厳しい状況が続いています。大山沖では名人なら2投で稼げる数です(笑) スルメの不漁で高価になりつつある品ですが、復活を願うばかりです。

 ということで爆釣は狙えませんが、せめてお土産ぐらいはという気持ちで! 24日の日曜日、神奈川県は葉山の鐙摺(あぶずり)港 出港の与兵衞丸さんにお世話になることに。葉山と言えば芸能人の別荘、ヨットハーバーで有名ですね。下の写真は帰港する途中に船から撮ったヨット集団です!

20186243.jpg


 当日は前日からの雨が残っており久しぶりのカッパを着ての釣りです。雨は予報に反して昼過ぎまで降ったりやんだり。釣果が厳しいこともあって当日の乗船者は小生を含めてたったの2名で貸し切り状態です(笑) 小生は左舷トモ側の釣り座に。

20186241.jpg


 午前6時に港を出て約50分でポイントに到着です。ご当地の仕掛けですが、11cmか14cmのプラヅノを使用します。ブランコでも直結でも構いませんが、小生は14cmの直結7本針で挑むことに。もちろん14cmの直結釣りは初めてです。色はブルー、ピンク、ケイムラ、黄色の4本でまとめました。 釣り場は約100mでオモリは120号を使用。


 スルメイカ釣りは群れを見つけては仕掛けをいち早く落として、群れがいなくなったら仕掛け回収と忙しいイメージがありますが、当日は勝手が違い、一度投入の合図があると15~30分ぐらい同じポイントで釣りをします。船長も竿を出すぐらいですから群れを追っかける釣りでありません。 群れがいるのかどうかもわからない状況で底から20mぐらいの間をひたすらしゃくりあげては落とし込みを続けます。さすがに5回ぐらい続けても何の反応もないときは小休止をいれなければ体力的にも精神的にも持ちません。


20186242.jpg


 スルメイカ釣りでの醍醐味、落とし込んで最初のシャクリで着乗りの重量感を味わうこともありません。 3時間経過で2杯という状況でやっと重量感が手元に! 7本針に4杯が掛かりました。これでやっと6杯です(汗) その後も1杯づつ拾う展開は続き納竿の午後1時で最終12杯を確保。もう一人の釣り人は18杯でたった2人の乗船者でも竿頭を逃す始末です(笑) 仕方ありません。体力的に休憩をはさみながらの釣り。釣果は想定内でお土産をゲットし久しぶりの直結仕掛けでスルメイカ釣りをできただけで感謝です。 シャクリ続けたのでいいストレッチ運動ができました(笑)

20186244.jpg