FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

東京湾でのタチ

2017年 12月31日 14:10 (日)

30日、ほぼ大半の釣り宿が納竿となる最終日、タチウオにチャレンジしました。東京湾では夏から2月ごろまで楽しめるようですが、今年の秋は不調で12月中旬以降に活性化。上手な方は30匹以上掛けるみたいですが、釣れるタチ指は4本以上で運が良ければドラゴン級も。

お世話になったのは、すでに常宿となった浦安市の吉野屋さん。この船宿は予約を入れても連絡先の確認をしません。つまり予約なしで当日船宿に行けば船に乗れます。万一定員オーバーとなれば控えの船が出るようです。当日のタチウオは2つの船に分乗と大盛況。
tchiyosinoya.jpg


午前7時と遅めの出港で一路ポイントに。ポイントは神奈川県横須賀市の観音崎沖で約1時間半で到着。東京湾では道糸PE1号でオモリ60号、2号で80号、3~4号で100号と自分のタックルと体力で選択できます。小生は道糸2号タックルで開始です。
前回のヤリイカ釣り同様、ポイントについても群れが小さいのか、なかなかエンジンが止まりません。またもや嫌な予感。

三河湾でのタチは電動微速巻きで棚を探りアタリを取りますが、東京湾では指示棚をシャクリ&手巻きでアタリを取ります。水深は60~70mで指示棚はどこのポイントも底から3~10mです。ベテランらしき人を見つけて見様見真似で動作を繰り返しますがアタリすらありません。こりゃ手ごわいはというのが素直な感想です。周りの釣り人も沈黙の時間が続きます。

 そんな中、置き竿をしていた方にヒット!離れていたので棚を聞くことはできません。皆さん、懸命にシャクリ続けているのに…それから間もなくして左隣の超ベテランの方に初ヒット。すかさず棚を聞くと、『活性の低い日は誘うよりもじっと待つ方がいいよ。底から5mで。』と救いのお言葉を。

とにかく今年最後の釣りで坊主は嫌なので邪道の置き竿釣方に。しばらくして竿先に変化があり、少し間をおいて電動巻き上げスイッチオン!きました、竿先が海面に向かってグイグイ突っ込みます。三河湾ではなかなかお目にかかれない良型です。すぐ同じように置き竿釣方で待つとまた竿先に大きな変化が。間をおいて巻き上げましたが、すぐ竿先が元に戻り、、オマツリかと思って巻き上げると軽い..。どうやらタチウオに道糸をかみ切られたようで、天秤、オモリ、仕掛けが海中に! タチウオに『俺を釣るにはそれほど甘くないぞ』と一発食らったみたいです。

釣り宿から天秤を借りて道糸PE4号、オモリ100号で再開。左隣の方は基本的なシャクリ&手巻きでj定期的に釣りあげますが、小生には全くアタリ無し。その方は針の周りにキンキラ集魚仕掛けを付けていたのでその差もあると思いますが、活性が低い時のタチウオ釣りは難しいというのが実感。

あと残り時間もわずかとなり、シャクリ&手巻きをあきらめ、底から5mでの置き竿釣方に。女神はいました。納竿10分前に大きなアタリ。先ほどより引きが強く、これまた良型をゲット.!型がいいのでいいお土産で締めくくることができました。
tachi12.jpg

今回はテクニックで釣りあげれませんでしたが、強敵タチウオにまたチャレンジしようと思います。釣りって釣れないとハマることを改めて思い知らされた一日です。今年一年間、ブログを訪れてくれた皆様に感謝します。ありがとうございました。良いお年を!