FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ビシアジ初挑戦

2017年 11月27日 23:56 (月)

東京へ来て2回目の釣りはアジ釣りです。今回お世話になったのは千葉県浦安市から出港している『吉野屋』さん。

ここは山本周五郎の小説にも出てくる老舗です。浦安市はご存知デズニーランドがあり、千葉県と言っても東京からめちゃ近く、都心はもとより埼玉県などから多くの釣り人が利用しています。

自宅から首都高を使って車で35分で到着。入口前に掲げられた釣り物の看板が釣り人の心を躍らせます!
yosinoya.jpg

吉野屋さんの船はオールグリーンですが船体が大きく、軍艦を思わせます。外には風よけ付きのデッキもあり、釣り場まではクルージング気分を味わえるようになっています。
yosinoyafune.jpg

当日はビシアジに初挑戦。と言ってもライトタックルで浅場を狙う『ライトアジ』です。東京湾では年中アジ釣りできるようですが、アミカゴ(ビシ)にオモリが付いており、通常のアジ釣りではビシ130~150号、ライトアジでは40号が一般的なようです。釣り場までは1時間で到着で、川崎の工業地帯や倉庫地帯近辺から横浜沖です。
20171126turiba.jpg

関東のアジ釣りに使うコマセはイワシミンチです。船宿から支給される付けエサはアオイソメとアカタンです。アカタンはイカを米粒ぐらいにしたものを赤く染めたものですが、疑似餌で市販されています。アカタンは簡単に針付け出来るし、シャクっても外れにくいので、小生は最後までアカタンを使用しました。

釣り方ですが、棚が底から2mなので、ビシが着底後糸ふけを取って1m巻き上げたところで強く3回シャクリ、1m巻き上げて待機。最初にこれでヒットパターンをつかんだので、基本最後までこのパターンを実行。アタリがなくても再度同じパターンを繰り返すとアタリがあることも多くありました。アミエビと違いイワシミンチは皮が交じっているため、強くシャクっても一気にコマセが出ないため、一回の投入で2~3回はシャクれます。

当日は風が強くポイントも5回移動しましたが、最初と最後のポイントで入れ食いラッシュとなり中型主体で61匹で納竿。釣り宿の調査とビシアジの体験など他の目的もありましたが、いいお土産をゲットできました。

20171126aji.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年12月03日 11:03

船や船宿の色彩をはじめ個性的
知多半島には無い雰囲気ですよねー
関東の船宿って感じです

アカタンも時々持ち込むのですが
東海ではいい結果が出た試しが無く
エサも仕掛けも地方の特色が出た
特化したものがやはり釣れるのかも
知れませんね
充分楽しめてよかったですね~

No title

2017年12月04日 22:09

トトさん、またまたコメントありがとうございました。

アジ釣りは小学生でもチャレンジできますが、いつもあのブルブル感がたまりません。アカタンは最強でしたよ(笑) 次回は正月用にタコ釣り計画しています❗