FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

2017年初釣り

2017年 01月03日 15:39 (火)

 あけましておめでとうございます(^-^)/  

 年明け2日、早速初釣りに行ってきました。嫁は所要があり金沢に単独帰省、名古屋に戻る途中、若狭湾のイカ釣りに。何と元日から休まず船を出している美浜早瀬港の新漁丸さんにお世話になることに。そういえば、昨年の初釣りも新漁丸さんでした(^-^)/

 若狭湾では、つい先日までタルイカ、マイカ、ヤリイカ、ムギスルメと多種多様なイカが釣れる異常な状況になっていましたが、若船長に聞くと、ヤリイカのポイントに行くとのこと。 同じ場所でムギスルメも釣れるらしい。

 午後3時半、港を出て一路ヤリイカのポイントに。当日の乗船者は7名で、釣り座は右舷胴の間に。小生、ヤリイカ3連発ですが、年末にヤリイカ専用竿を購入、ダイワのメタリヤ・ヤリイカMH175Jで昨年12月に発売されたばかりの新製品です。電動リールもまだ新品同様のシマノのフォースマスター800で、道糸PE3号を巻いた物を使用。

 仕掛けですが、自作で、プラヅノ、浮きスッテ、ハイブリッドの3種類を混合したスタンダードな8本仕様。ただし、枝間は1.5mと多少長く取り、棚を広く探れるようにしました。

 201701021.jpg

 午後4時半、まだ明るいうちから釣り開始です。船長からの指示でオモリは100号。はい、いつものことながら1時間ぐらい、沈黙タイムです。(#^.^#) しかし、穏やかだった海も波立ち、船もかなり横揺れするようになって状況は一変しました。置き竿で底付近にオモリを置いておけば船の揺れでいい誘いになります。

 ここで新しい竿の本領発揮です。竿先でアタリがすぐわかります。いわゆる目感度での釣りです。アタリが分かればあとは追い食いを狙って微速巻きにし、大きく竿先が動いた段階で電動スピード15ぐらいで巻き上げます。やはり高価な専用竿はいいですね。ストレスのない釣りができます。

 納竿の午後11時まで、ほぼ空振りもなく、ゴールデンタイムが続きました。と言っても、ムギスルメがメインで、途中、良型のヤリイカが混じる感じです。ヤリイカ狙いならムギスルメは外道かもしれませんが、寒風吹き荒れる中、退屈せず、ありがたいゲストです(*^_^*)  

 ただ、横風が強く、手返しという点では反省点も。枝間が長く、回収してマットに針を掛けますが、ハリスが宙に浮いて糸が絡んだことが何度かあり、風が強い日は、かかり釣りでも筒状の投入器を使用したほうが良かったかもしれません。仕掛けではやはり緑赤のハイブリッドが鉄板でしたね。ムギスルメ、ヤリ、サバまで飛びついてきました(#^.^#)

 20170102.jpg
 (初めてトロ箱を大サイズにして2箱満載(^-^)/ ヤリとムギスルメが混在しています。船上はドシャ降りで帰宅してから撮ったので、イカの透明感はありませんが…)

 最終釣果はヤリイカ12杯、ムギスルメ25杯の合計37杯、外道として日本海の激旨サバ3匹と大漁でスタートを切ることができました\(^o^)/  冬の日本海は天候も急変し、出港する日は限られますが、ムギスルメも釣れるので楽しめると思いますよ。

  尚、今回デビューした竿ですが、オモリ負荷150号で、愛用のスルメ用、ダイワイカ直結150の竿先が折れたため、夏の大山沖でも使用を考えて購入に踏み切りました。(イカ直結は竿先を修理してタコ専用竿にする予定) 3万円強と決して安くありませんが、ヤリイカをされる方には絶対おすすめです。82調子で175cmのショートですが、今回の荒波でも決してイカがばれることもなく、手持ち感もグッドです(^-^)/