FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

番外編 ハワイで釣り!

2016年 09月21日 01:03 (水)

 取引先の方々をハワイ旅行にご招待、フリータイムが2日間あり、1日は真珠湾のミズリー号見学、もう一日はワイキキ沖のクルージング&フィッシングツアーで楽しんできました。

 宿泊先のホテルへキャプテン(船長)が自ら専用のバスで迎いに来てくれます。午前11時半出発で、ワイキキの船着き場まで、2ケ所のホテルを経由し12時過ぎに到着。何と24人の半数がが女性です。国籍も多彩で欧州人や韓国人も。日本人は小生を含めて7人です。

船着き場は日本と違いオシャレな感じです。看板もカッコイイ!
DSC_0495.jpg

受付でキャプテンにチップ10ドルを渡し、乗船。何と船の名前がsashimiⅡ、日本語でサシミで、日本人を意識した船名です。乗船場には見たこともない格好いいクルーザーがたくさん停泊中。映画007に出てきそうなクルーザーも!さすがハワイです。
DSC_0500.jpg

釣り初心者と思われる女性陣が多いこと最初疑問に思っていましたが、船が出港して納得!ワイキキビーチから眺める海も綺麗ですが、沖から見たワイキキビーチのホテル群は絶景です。クルージングは波も立たないぐらいゆったりとしたスピードで、ワイキキビーチと並行して走ります。
DSC_0512.jpg

ポイントに到着し、キャプテンから釣り方がレクチャーされます。流ちょうな英語で何を言っているのかさっぱり理解できませんでしたが、エサのつけ方など手振りで容易に想像できます。そしてキャプテンが実際にエサを付けて仕掛けを投入、何といきなり良型のカワハギを釣りあげました。乗船者は手品でも見せられたも同然で、歓声が!こんな簡単に釣れるのかと思わせるキャプテンはさすがです。

エサはカツオの赤身です。底までは10~15mぐらいと浅く、仕掛けは2本バリ。人生初の海外での第一投です。 しかし………日本と同じようにカワハギはハワイでもエサ取り名人で、淡々とエサつけをして投入の繰り返しが続きます。なんでハワイまで来てエサ取り名人に苦戦しなければいけないの? 
正直、トローリングでないので、小学生や初心者でも簡単に釣れるターゲットだと思っていたのですが…  竿の持ち方もぎこちない外人の女性ですらカワハギをあげているというのに。

このツアーはクルージングが往復で約1時間、釣りが2時間で、正直、坊主を覚悟していたのですが、女神が突然現れました。
スピニングリールから糸が強引に引っ張りだされます。最初は何が起きたのかわからず、ドラグを調整して糸の送り出しを止めて巻き上げますが、びくとも動きません。とにかくドラグを締めたり緩めたりを繰り返し、何とか水面へ。半端でなく重いため、隣の日本人男性がタモを用意してくれ何とか船上に!
gyotai.jpg

見たこともない魚です。顔はカワハギ、胴体はコブダイ! 写真では大きさはわかりにくいですが、ワラサ並みの重さがあり、船中の乗船者が一斉に小生の釣りあげた化け物に近づき、なぜかカメラで撮影タイムが始まりました。一躍ヒーローとなり、面目躍如!

結局、納竿までにこの1匹だけでしたが、船中一の大物を釣って大満足!ちなみに釣った魚は全てリリースで、お味は未知の世界ですが…

約4時間強のツアーですが、ハワイに行かれる方には絶対にお勧めです。クルージングだけでも満足しますが、有名なダイヤモンドヘッドを目の前にしての釣りはなんとも贅沢な気分にさせてくれますよ。
DSC_0517.jpg


ハワイでカジキを狙った本格的なトローリングのツアーもあります。実は取引先の方2名が挑戦しました。たまたま2名しか乗船しなかったそうですが、2人とも松方弘樹に!
1474346021858.jpg  1474459818056.jpg

80キロと70キロクラスを幸運にも1匹ずつ釣りあげました。信じられませんね。決して大柄で力持ちのタイプでない2人ですが…20分近く格闘したそうです。ikahanterGさん、ぜひチャレンジしてみて下さいね(笑)