FC2ブログ

07月 « 2016年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

二党流イカ釣り

2016年 08月20日 21:55 (土)

夏休みを分割して取得、19日の金曜日にケンサキイカ釣りに行ってきました。イカ釣りの神様、ikahanterGさんから、『イカメタル』やるなら福井県越前海岸の茱崎(ぐみざき)港がいいですよ』とコメントしていただき、真剣に検討したのですが、残念ながら半夜便は満席で日程が合わず断念!いつかは挑戦してみますね、IkahanterGさん!

若狭湾のケンサキイカもお盆をを過ぎて失速した感があり、本来の渋い形になってきましたが、どこの船宿も盛況です。当日は美浜早瀬港の新漁丸さんの乗合船でお世話になることに。当日の朝段階で二隻とも4~5人とかなり空いていたのですが、港に着くと当日予約が入り、小生が乗船した船長船は9名。

最近は「イカメタル組」も増えて、オマツリを防ぐために「胴突き組」と「メタル組」を分けて釣り座を抽選するのですが、船長から両方やりたいなら「胴突き組で抽選を」とご指示!釣れる棚でメタル、胴突きを釣り人の自由な選択でできる点が新漁丸さんの良い点だと思います。

DSC_0399.jpg

釣り座の抽選では5組中2番目をゲット。1番くじを引いた方は右舷大トモ、小生は右舷ミヨシ1番を選択!隣のおじさんも小生と同じく胴突きとメタルのタックルを持参しており、空いている右舷3番目も合わせて2本出しです。隣のおじさんも前回メタルデビューしたばかりで小生と同じ状況。驚いたことにイカメタルタックルのリールが電動リールです。聞くと前回手巻きで巻き上げるのが大変だったからとのこと。『わかります、わかります』と意気投合(笑)  小生もメタル用に新品のリールを買って臨んだため、減価償却するまで手巻きで続けようと思いますが、年配組は電動でイカメタルが当り前の時代が来るでしょうね。ただ、船長が実際そのタックルでやっていましたが、シャクルたびに電動リールのケーブルが邪魔だなとつぶやいていました。細くて軽いケーブルならいけるかもしれませんね。

港を5時半の定刻に出港、約45分でポイント到着です。蒸し暑い中のクルージングですが、肌に感じる風はすっかり秋の風に!当日は大潮の最終日、多少波がありましたが、問題はお月さんです。予報では曇りでしたが、70%以上が青空。しかもほぼ満月状態ですので、雲に隠れなければ最悪の条件です。何度も経験ありますが、広大な若狭湾の海面が明るくなり、素人目から見てもべイトが散らばることが予想されます。

さてさて、午後6時半、胴突き仕掛けの5本針で釣り開始です。実質的に新品の竿「ダイワA-ブリッツ 夜イカ」のデビューです。置き竿電動スロー巻き専用竿です。底棚85mから電動スロー巻きで巻き上げますが…案の定、アタリがありません。点灯後も期待して何度も底から巻き上げますが…

DSC_0400.jpg

船中も静かな状況が午後8時過ぎまで続きます。途中、『釣れた~』いう声が聞こえますが、続きません。ここ最近の釣果ブログでの厳しい状況通りです。波もあり、64調子の小生の竿は柔らかく大きく上下し、専用竿ですが、イカが掛かってもバレる感じです。当然、アタリもわかりません。とにかく1杯掛けて竿の動きをみてみたかったのですが…午後10時過ぎまで頑張りましたが、胴突きをギブアップ!メタルに変更です。尚、小生は棚を探るときスピードを1にしていたのですが、船長から8ぐらいで探らないと効率が悪いとアドバイスをいただきました、超微速巻きのスピードは幅広くて難しいですね。

イカメタル、2回目です。本来なら棚を変えてアタリを探るべきですが、他の釣り人のアタリ棚、35mラインで集中的に攻めます。待望の1杯目がきました。実に開始4時間経過! がアタリは続きません。坊主は逃れたのですが…メタルもいろいろ替えて遂にプチ時合が…

 浮きスッテでは定番の赤白のメタル12号に変更してから35mラインで定期的に拾う展開に!メタルの色合いはあまり関係ないと思い込んでいましたが、あるんですね、当日のヒットカラーが!実は隣の隣で船長が天秤で釣っていたのですが、ジャンボマイカに掛かった餌木を見ると白っぽかったので、変更したのです。またたくまに5杯をゲット!しかもジャンボイカも1杯掛けました。

さあ、最後の追い込みと思っていたところ、当日2杯目となるジャンボサイズを思わせるアタリがきました。しかも先ほどよりもかなり重い。どんなサイズが上がってくるのか?海面に顔を出したのは厄介者「コロモダコ」でした(汗)隣人も被害にあってましたが、ほぼ平均して一人一回は被害にあいますね。タコといえば底というイメージですが海底85mで35mまで上がってくるんですね。しかもこのタコ、食べられないばかりか、仕掛けにまとわりついて、歯ブラシでそぎ取ってもきれいに取れないくらい悪質なタコです。こんたタコは近辺にいるとイカも逃げますよね。

それまで順調にプチ時合を楽しんでいましたが、コロモダコが掛かってメタルを変更してからは、また沈黙タイムが!
結局、納竿の12時半まで1杯追加し、最終7杯という結果に終わりました。

船内はよく釣っていた方で20杯越でした。船長からは自分が釣ったジャンボサイズと通常サイズを1杯づつ2杯をいただき、お土産は9杯です。ケンサキイカは全て刺身で食べるので、数としては十分ですが、デビューした竿で釣れなかったのは残念です。

DSC_0401.jpg

これも本日デビューのイカトロ箱、予想をはるかに上回る冷え具合です。自宅に帰ってもイカはキンキンに冷えていました。

真夏の修行 タチウオ釣り

2016年 08月09日 20:49 (火)

連日の猛暑、お金を払って炎天下での修行に行ってきました!

師崎港と日間賀島の中間ポイントは、タチウオ狙いの乗合船、職業船、プレジャーボートで密集。地元師崎港の乗合船はもとより、片名港、豊浜港のメジャーな乗合船が全て大集合です! 驚きの光景です!船同士がぶつからないのが不思議なくらいです。
DSC_0395.jpg


タチウオの好調を物語っているのでしょうね。船宿の釣果ブログでは『仕掛けを落とせばアタリ有り』と釣り人を誘っています。果たして実情は???

8月7日、日曜日、師崎港出港の石川丸さんの乗合でタチウオ狙いで乗船。午前4時に受付を済ませて釣り座を右舷ミヨシ2番目を確保。過去の経験から右舷側有利と勝手に思い込んでいます(笑)

釣り場まで5分ほどなので、出港前に仕掛けなどの準備を完了。当日は久しぶりにシマノのショートゲーム50-135というロッドを選択。7:3調子でオモリ負荷は100号までOKで、ロッドの重さは79g、長さも135cmと超ウルトラライトタックルです。タチウオの強烈な引きを堪能するには持って来いのロッドです。電動リールはシマノフォースマスター400にPE2号とリーダーにフロロ5号を3m巻いたものを使用。 

rod.jpg


午前5時半には開始です。とりあえずアタリの棚を見つければ、その近辺を重点的に効率よく攻められます。ところがそのアタリが一向にきません。そのうち、天秤に仕掛けが絡みロスタイムも! 何と午前7時半ごろまでの2時間経過でまさかの坊主!

その後、当日初のアタリが!約40mラインでアタリ、 これで棚を絞れます。 通常は超微速巻きで仕掛けを巻き上げて、アタリがあれば一呼吸置き、再度アタリがあれば、即電動スイッチオンで最速で巻き上げます。が、小生は棚を決めたらその棚で仕掛けを止めて置き竿で待ちます。アタリサインが2回続いた場合は針掛かりしている証拠で、即、電動スイッチオンで回収します。

もちろん、1回のアタリで後が続かない場合、エサをすっかり取られることもあります。それでも高確率でタチウオをゲットできます。暑さで体力を消耗させない省エネ釣りです。もちろんゲームとしてタチウオを釣るなら微妙なタイミングで掛ける釣りに徹するべきですが…

師崎港のタチウオは良型もよく釣れます。正直言って、指2本サイズを大量に釣っても食べるところはほとんどありません。当日は指4~5本クラスも交じりますし、指3本サイズが中心でした。

DSC_0397 (1)

船宿支給の仕掛けは1本針でアシストフックが付いたやつですが、当日は、このアシストフックに掛かるケースが多くありました。タチウオ釣りではアシストフック無しの仕掛けもありますが、保険でアシストフック付きがお勧めだと思いました。

さて、さて、順調に40mラインの置き竿でほぼ毎回のアタリで釣果を順調に伸ばしていましたが、午前9時半ごろには、アシストフックをタチの口から強く引っ張ったら、アシストフックが外れるアクシデントが発生。石川丸さんでは船内で販売している仕掛けは、乗船時に支給される仕掛けと違うため、そのままアシストフック無しで続行! それまでよく掛かっていたため、かすかな不安がよぎります。

案の上、空振りの回数が増え、午前10時には大きくポイント移動! ここでまた、新しい棚を探らなければなりません。が…

何と納竿の午後12時半まで全くアタリがありません。その間ポイント移動も数回ありましたが、お手上げ状態です。当日は台風の影響と思われますが、師崎港でもウネリがあったり、船が大きく左右に揺れることもありましたが、それは関係ないと思います。

c5a9d24a21b790e49c097edcf76edc7c.jpg  05cc0d6277e82816b158fe8c1d460977.jpg

結局、当日は約2時間で集中的に釣れて、あとは炎天下での修行に終わりました。釣果は23匹で目標の半数以下(笑) エサのサンマの切り身も2時間以上炎天下にさらされて、ほんがり表面が焼けていました(笑)