FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

大山沖での大サバ釣り

2016年 04月24日 13:36 (日)

4月に入り2度目の釣り。敦賀沖のヤリイカとにらめっこしながら、前回は大山沖でのイサキ&アジ釣りでまさか、まさかの完全坊主!大山沖まで走っての完全坊主いくら自然相手でも…

リベンジで23日、同じ大山沖に。ゴールデンウイークの名物大サバが今年も順調に回遊してきたみたいで、年に一度の大サバ釣に!

船宿は師崎の石川丸さんへ前日電話で満員とのことで、同じ師崎のまとばやさん。こちらは前日の電話ではかなりすいているとのこと。そう言えば、昨年の大サバ釣りでも超満員船でオマツリ→時合逃がした嫌な経験も。

出港は6時。船着き場には午前4時50分ごろに到着しましたが、まだ4席ほどしか取られておらず、右舷のトモ側から2番目の席を確保。といってもほぼ右舷胴の間で、かなりすいている。大潮で走り回るサバ釣りでお祭りが心配ですが、お隣とはかなり余裕あり。

港を出て1時間半近くで大山沖のサバポイントに到着。4本のサビキ針にはコウナゴのつけエサを付けます。時合にはつけなくても釣れるとのことで様子見です。 コマセを巻かなければサバが寄ってこないので、まずはコマセ巻きを!2~3回目で当日の初当り。サバ特有の大きなアタリです。走り回るのですぐ電動リールのスイッチをオン! かなり重い。途中、完全に電動が止まることも。何とか回収すると、暴れまくる大きなサバが4匹とパーフェクト!重いはずです。

時合到来かと思いきや、隣人たちにはアタリなし。足が相当早いサバのようです。ただ、いきなりパーフェクトの時合は続くと船上はお祭りのオンパレードで釣りにならないので、状況としては好ましい。 探見丸でも、おおきな魚群は見当たらず、コマセを巻いてサバを寄せて釣るというパターンで、午前9時までに7匹を確保。いいペースでしたが、沈黙の時間が1時間ぐらい続き、ポイントを移動。

DSC_0279.jpg

サバ釣りの乗合船がかなり密集したポイントです。たくさんコマセが巻かれているので期待が持てます。ところが、ここでも、探見丸に魚群が現れません。根気よく、コマセを巻いて寄ってきたサバを拾う釣りです。最初のポイントは棚40mぐらいでしたが、100m前後と棚が深く効率も悪い釣り。それでも、船長さんは誰かが釣れると、その棚を確認してアナウンスしてくれ、ドンピシャであたることも。サバ釣りはこれくらいのペースがいいのかもしれません。なんせ、大型ですので、ダブルで掛かれば回収するまでかなりの引きを楽しめます。

DSC_0280.jpg

納竿の午後1時までに21匹を確保し、35Lのクーラーが程よい状態で、終了。なんと最後の一投では高速で仕掛けを回収している途中に喰ってくるオマケ付き。仕掛けのロスですが、オマツリで1回、ハリス切れで1回の計2回。サバ釣りでは快適な釣りを物語っているでしょう。

DSC_0281.jpg

大山沖で大サバ釣り!

2015年 05月04日 09:01 (月)

 GWの3日、旬のサバ釣りに!ブログを見ると昨年も5月中旬に大山沖の大サバ釣りに行っています。釣り物よっては当り年と外れ年がありますが、サバは昨年に続いて好調。

 仕掛け自作に最近はまっており、当日の仕掛けは幹糸5号、ハリス3号、サビキチヌ針3号の4本針で枝間40cm全長2m仕様です。仕掛け自作は使用するロッドの長さに合わせられるのがメリット。ただ、針が管付きで適当に結んであるので、今回は多少の不安も。ロッドは先調子で固めということで、ダイワリーデイングの8:2調子を持参。
 ちなみに船宿支給の仕掛けはアジ釣りと同じ仕掛けでハヤブサの実践サビキ25オーロラ緑(幹5号、ハリス3号、オキアミ専用サビキ針5本、枝間42cm、枝ス25cm、全長2.48m)でした。

 DSC_0691.jpg

 師崎港の船宿はどこも手軽に数釣れて、大物感もあるサバ釣りの乗合船を出しています。GW、家族連れや釣り初心者向けに絶好のターゲット。天候も絶句の釣り日和で、石川丸さんもほぼ満席で2艘出し。当日はグループで来ている方が大半。釣り座は左舷トモから3番目を確保。隣の方とは1mぐらいしか間隔がなく、横走りするサバ釣りでは仕掛けのオマツリは必至状態です。

 午前5時半、船は大山沖に向けて出港。約1時間半で釣り場に到着です。昨年は確か最初の2~3時間で20~30匹釣れる状況だったので、気合を入れて投入です。コマセを巻く棚は上から35~40mの指示。何回かコマセをまきますが、だれの竿も曲がりません。昨年とは状況が違います。サバの群れがコマセに釣られて回遊してきたのは30分ぐらいたったころでしょうか?突然の嵐が!船上が凄いことに!一人にアタリがあるとほぼ全員の竿に大サバが一気に襲いかかり、2~3人がオマツリ状態で、サバがたくさん船にあがるのですが、コマセカゴ、道糸、ハリス、サバが絡まって、誰のコマセカゴか、誰の針にかっかったサバなのか? 問題は、入れ食いタイムに仕掛けのオマツリをほどくロスタイムです。案の定、再投入した時点でサバの群れはどこかに!

 仕方ありません。当日はレンタルの手巻きリールの方も多く、巻き上げるスピードに限界があり、遅いと巻き上げ途中にも針掛かりし、その重量感でなかなか船上にサバが上がりません。水面下でサバが狂ったように走り回るのです。小生はアタリがあったら追い食いを待たずに速攻でハイスピードで巻き上げ単発~2匹なのですが、たくさん掛けた方のオマツリに巻き込まれ、数が伸ばせません。

 当日のサバの群れは突然やってきて、すぐ去って行く状態で、入れ食いタイムでもロスが多く、何とか納竿の12時半までに22匹をカウント!当日は40匹ぐらいは堅いかなと思い、500lの大型クーラーを持参したのですが、スカスカ状態です(笑) 仕掛けも最終的には4つロストしましたが、これは想定内。サバの群れが来るとうれしいのですが、反面、また仕掛けのオマツリをほどかなければという憂鬱感も交じり、何とも複雑な気分の釣りでした。

DSC_0689.jpg

 サバを釣りあげたら首を追ってバケツに15分くらい入れて血抜きし、すぐクーラーに!クーラーにはサバが全体につかるくらいの海水を入れておき、沖上がりした時点で海水を抜き、氷を入れて自宅へ! 刺身、塩焼、から揚げとも抜群のうまさで、刺身は脂がのっていて、サバってこんなにおいしかったけ?という感動も!大サバを狙うのは1年に1度ですが、冬のハマチと一緒で、冷凍庫で眠らせてしばらくは食味を楽しめそうです!

大サバ釣り~大山沖編

2014年 05月12日 21:26 (月)

 大山沖で大サバが連日爆釣とのこと。サバやアジは沢山連れても一夜干しで冷凍保存できるので、このタイミングを逃すまいと11日の日曜日行ってきました。

 師崎港の「石川丸」さんの船で一路大山沖へ。朝5時半出航で釣り場には1時間半かけて7時頃に到着。

 仕掛けはハヤブサの伊勢湾手返しスペシャル オーロラMIXスキン おもりは80号

 釣り場は深さ100mで指示ダナは上からも底からも50M

 釣り座は左舷ミヨシから2番目 連日の爆笑からこの日も釣り座はあまり意識せず決定。

 開始から15分ぐらい経過し、コマセが効き始めてからは投入のたびに大サバらしい強引な引きを体感!2匹かかると巻き上げ途中でガンガン竿を引き込みます。

 隣の釣り人は午前9時の段階でクーラーがほぼ満タンになり休憩する始末。小生も途中お祭りすることもなく午前10時には22匹と予定通り爆笑!

 午前10時からはアジ狙いでポイントを移動。仕掛けはそのままで! こちらの棚は水深80~90Mと大サバより深め。ただ、このポイントでも大サバが回遊しており、その棚を通過する前に大サバが食って来る始末。

 小生はアジ釣りタイムに入り、2匹釣ったところで、サバの回遊で仕掛けが右舷の方とお祭りした段階で終了。大サバは針にかかると海中をぐるぐる走り回るので、かかってから糸を送り出すと信じられないところまで走ります。かかったら即巻き上げることが必要ですね。

 この日は絶好の釣り日和で釣果も満足のいく25匹。1年に1度ぐらいと思われる大サバ釣り。家に帰ってからの処理が大変ですが、しめ鯖、煮付けが美味しかったです。

 スルメイカ、タコの季節となりましたが、来月は高級食材のイサキ釣りでしょう!