FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

盛況!師崎のタコ釣り

2020年 08月01日 20:18 (土)

7月の4連休、最終日、タコ釣りに行ってきました。常滑方面のタコはピークを過ぎましたが、豊浜、師崎から出港する乗合船は依然大盛況。 東京へ2年転勤していたこともあり、師崎へは3年ぶりとなります。

当日は道中から土砂降りで、船宿に着いたときはピークで、その場で翌週にキャンセルを交渉する人も。 選択した船宿は石川丸さん。
当日の乗船者は6名で席は左舷側に指定され、トモから3番目。前回のタコ釣りは難民船状態でしたが、今回は大名釣りです。

船宿の方に、ポイントは根掛かりするかどうかを尋ねると、多少は根掛りするとの微妙な返答。この返答を受け、当日のエギはいつも使っている安いエギを使用することに。

実は今回のタコ釣りの楽しみの一つに新しく買った専用リールの実釣があります。大型が掛かってもゴリ巻きできるリールです。スタイルも格好いいい! 「テイルウォーク製のエランワイドパワーオクトパスPリミテッド54BL」


takoriru.jpg

さて、釣り開始です.。根掛りの度合いが分からないので、いつものエギで最強色オレンジとホワイトの2本で、錘は50号。ところがかなり仕掛けが流されるので60号に交換。 ミヨシ(前方)側から連れ出しましたが、程なく小生にもアタリ。かなり小粒ですが、まずは1杯ゲット。

連日タコ爆釣ですが、実際はポツン、ポツンという感じです。2杯目も最初の1杯同様、小ぶりのタコ。良型は3杯目から。当日は雨模様でしたが晴れ間も見えてきたので、ホワイトから黄色のエギに交換。ここから順調にヒット!

今までタコ釣りで活き締めをしたことはありませんが、今回は釣れた瞬間に活き締めにすることにチャレンジです。というのも時として家で食べるタコが硬くて今イチのことも。ユーチューブでやり方を確認。目の少し下側に開いたハサミを突っ込んで一気にチョッキン!成功するとタコが白くなります。ところが問題は、タコもイカも生きている間に頭をつかむと足を手に絡ませて暴れるので難しい。そこで、当日は薄手の使い捨てゴム手袋をして実施。タコの足が手に絡んでいると感触が気持ち悪く耐えられないのですが、その感触もなく、うまくいきました。新しい発見。

根掛りもあると聞いていたが、終了30分前に当日初の根掛り! 途中で1本増やしたエギ3本をロスト。1本200円前後なので気になりません。最後30分、根掛りしたのでここで納竿しておけばよかったのです、欲を出して再チャレンジ。こういう時に限って納竿5分前に2回目の根掛りで終了。

202007takko3.jpg

当日の釣果は良型交じりの15杯。数,型とも満足のいく釣果です。タコ釣りは何度やっても楽しいですね。当日は釣れた瞬間活き締めしたおかげで、家でのタコ料理、すべて柔らかく絶品でした。
takohimono.jpg
 外は梅雨真っ最中で、自宅の風呂場でタコの干物作り(笑)

コロナで久しぶりの釣り4連発④

2020年 07月25日 14:04 (土)

若狭湾でのマイカ釣り、7月に入って多少の日ムラはあるものの好調、しかも浅い棚で釣れてるkとから、超久しぶりのイカメタルで挑戦してきました。記憶をたどると、大変疲れる釣りなので、イカメタルにはまることはなかったのですが…

お世話になったのは美浜早瀬港の新漁丸さん、イケメン船長のイカメタル専門船に乗船。若狭湾のマイカは人気で週末はおろか、平日でも予約が難しい状況です。若者や女性がイカメタル人気を支えているからでしょう。

午後6時に港を出港。釣り座は右舷大トモを確保。いつもミヨシをメインにとるのですが、今回はトモ側に。釣りポイントまでは約40分ほどで到着。船長と常連さんの会話から小浜沖のようです。

50mぐらいから探りますが、馬鹿正直にアタリ棚を探るより、船長がアナウンスする釣れた棚を中心に、適当にアクションをいれての釣りです。見た目は決して格好良くありません(笑) 久しぶりの感触! 電動では味わえない乗った時の重さを感じながらのリーリング。快感! 

ikametaru202007.jpg

ポツン、ポツン釣れますが、同じ棚で連チャン、入れ食いはありません。  釣れない時間は究極の手抜きで何度かアタリのあった棚35mで手持ち置き竿に(笑)   ところがこれがヒットして5杯ゲット! 胴付きでもそうですが、活性の低い時はあまりアクションを入れず、仕掛けを潮の流れに任せておくのもありです。

最終的には12杯とお土産分の釣果に終わりましたが、メタルでのゲームを十分楽しめました。

コロナで久しぶりの釣り4連発③

2020年 07月19日 05:04 (日)

 今年はタコの異常発生の年ですね。知多の船宿、どこもかしこもメインターゲットはタコです。

 タコ釣り大好きな小生には、あまりのブームで週末の船宿予約が取りにくくなているのは少々複雑な気分。乗合船のタコ釣りはどちらかというとマイナーだったからよかったのですが。

 今回もお世話になったのは元祖タコ乗合船を出している常滑のさくら丸さん。 あまりのタコブームで時間差で2便出しています。小生は午前8時の2便目に乗船。第一便が港に帰ってきてから入れ替えですが、一便、二便通しの方が半数以上いて、どこの席が空いているのかわかりません。とりあえず、竿をさしていない右舷胴の間に席を確保。結局、どんだけ人を乗せるのというぐらい超過密状態。

  さくら丸さんでは前回のブログでも記したように、ポイントはほぼ根掛かりしないポイントなので、高価なエギも使用できます。。さくら丸さん推奨のパタパタを購入しての挑戦です。と言っても今年のタコはエギに関係なく釣れる状況ですが…。

tako2020072.jpg

 さすがに釣れると言ってモ超満員の釣り人がエギを垂らしていますので、忙しいくらい釣れるということはありません。ポツン、ポツンと釣れる感じで、まだサイズは小ぶりが中心でした。釣果は14杯。 

 小生が行ったのは6月下旬でしたが、7月に入っても師崎を中心に相変わらずバカ釣れしていますね。

コロナで久しぶりの釣り4連発②

2020年 07月19日 04:41 (日)

若狭湾でのマイカリベンジで、敦賀色浜港・日吉丸さんで出港。日吉丸さんは小生が人生初の乗合船でマイカ釣りをした船宿です。

6月と言えばムギイカ全盛の時期ですが、主体はマイカとなっており、どこの船宿もマイカ狙いです。マイカとムギイカでは基本的にタックルも仕掛けも違うので、両方対応できるように持参。

底中心なので、スッテも4本仕掛け。前回の常連さんの釣り方を参考に、ほぼ底に仕掛けをおいての置き竿。日吉丸さんでは以前は中乗さんはいなかたのですが、若い中乗さんが、巡回して釣れた棚を教えに回ってくれます。

釣果は前回同様、スルメが大半で22杯。マイカはたったの3杯。それでも小生はマイカであろうがスルメであろうが、イカには変わりないので、前回より数が増えたので満足。ただし、今年もムギイカの大群が来なかったのは残念。来年には期待したいですね。