FC2ブログ

01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

2019年釣果

2020年 01月01日 21:06 (水)

2019年12月 タコ4杯  常滑・さくら丸

2019年12月 フグ4匹 豊浜・大進丸

2019年12月 ムギイカ19杯 美浜早瀬港・新漁丸

2019年12月 ヒラメ1匹+ワラサ1匹 豊浜・大進丸

活き餌泳がせ釣りIN伊勢湾

2019年 12月22日 15:14 (日)

帰名第四弾、ご無沙汰を取り戻すべく4週連続での釣り。今回は大物狙いです。

メインはヒラメですが、ここ最近はどこの船宿釣果を見ても0~2匹前後とピークを過ぎている感はありますが、ハマチを中心にワラサなど青物が良く釣れています。お世話になったのは豊浜港・大進丸さんです。ほとんどのヒラメ釣りでは釣り座は抽選ですが、大進丸さんでは早い者順です、出港1時間20分前の午前5時に到着しましたが、残りは1席だけ(驚) 左舷トモ2番目です、。ただし大トモの方は船後方で後ろ側に向かって釣りをするので、実際は大トモもみたなものです。

エサの活きイワシはすでに船の生け簀で元気で泳いでいます。活き餌の泳がせ釣りは3度目でヒラメは過去2回とも1匹の釣果でしたが、今回の目標も1匹です(笑) 乗船料が14,000円と高い割には坊主も十分ありうるギャンブル的な要素満載の釣り。

今回、新しく購入したロッドのデビューです。ダイワリーデイングシリーズのスリルゲーム・Y の64調子竿です。リールはシマノ製フォースマスタ800にPE3号を巻いたもの。リーダーは使わず、仕掛けのハリスを7号と少し太めで臨みました。

 2019fune.jpg

釣り場ポイントは伊良湖岬が視界に入る海域。何箇所もポイント移動しましたが、海底までは40~50m前後。当日は長潮でしたがオモリ60号が結構流される状況です。開始4時間経過まで予定通り(?)釣果ゼロ。2回ほどヒラメ独特の前アタリがありましたが、針掛りせず…。最初は仕掛けの孫針をシングルフックにしていたからかもしれません。ここで孫針をトリプルフックに交換。

残り2時間、気分は「今日は坊主だな!」! とにかく底立ちを取るたびにリールカウンターの数値が変化し、おまけに余裕たっぷりの釣り座なのに隣人、右舷の方と頻繁にオマツリ発生。なかなか釣りになりません。 そんな状況の中、底立ちを取った時、竿先に異変が…ガタガタと竿先が突っ込みます。前アタリがなかったのですが…海面には待望のヒラメちゃん(笑) 約50cmの平均サイズです。

2019hirame.jpg

これで坊主が逃れたのであとは青物が来ていほしいなぁっと思ってたところ、残り20分で青物独特のアタリ! リールを途中何度も止めて海面に上がってきたのはほぼワラササイズ(約65cm)のハマチです。 終わってみれば希望のヒラメ、青物を1匹ずつゲットして納竿。やはり泳がせ釣りでは孫針りトリプルフックが釣れますね、。

201912hamachi.jpg

他の釣り宿ではヒラメを締めてくれるのですが、大進丸さんでは自分で締めなければなりません。と言っても完全な締めは出来ないので、簡単な血抜きでお持ち帰りです。

2019hirahama.jpg

冬のムギイカIN若狭湾

2019年 12月15日 14:00 (日)

帰名第三弾は若狭湾でのムギイカです!  冬のムギイカ? 異常気象のせいでしょうか? 今や漁獲量がガタ減りで貴重なスルメイカの赤ちゃんです。 本来ならヤリイカ狙いで出船しているのですが、メインに釣れるのはムギイカとのこと。小生はムギイカが大好きで、この夏は転勤で行けなかったこともあり、まるで小生のために待っていてくれたのかも知れませんね(笑

若狭湾のムギ仕掛けはおっぱいスッテが基本ですが、釣り宿HPを見ると通常のヤリイカ仕掛けで釣れているよう、プラツノ、ハイブリッド、浮きスッテの混合仕掛けで挑戦です! お世話になったのは美浜早瀬港の新漁丸さん。感じのいい親子でやっていますが1艘はドッグに入っているため、当日はイケメン息子船長で出船です。

指示棚は80~120m、底まで150ḿぐらいで本来のヤリイカ狙いなら底から探るのですが、イカメタルの人が半数とあって船長は宙層棚の指示のようです。釣り座は抽選で左舷胴の間です。

夏のムギイカみたいに活性はよくありませんので、シャクりながら棚を探ります。あっさりと開始早々にアタリがあり超小ぶりのムギイカを1杯ゲット。7本針に1杯、しかもムギイカにしては棚も深く効率の悪さを感じながらも、定期的に退屈せず釣れます。3杯まとめて釣れることもありましたが、ほぼ単発です。 隣人が置き竿電動巻き上げで定期的に釣りあげていたので、小生も電動スピード9で定期的に拾いました。メタリアのヤリイカ専用竿は優秀で、超小ぶりでもしっかりアタリのサインを出してくれます。

mugi 3 mugi2.jpg

当日はシケの合間の好天でほぼ満月が後半に顔を出し、失速、最終的には19杯のムギイカをゲット!最盛期は200杯近く釣れるので、数は物足りなさを感じますが、久しぶりのイカ釣りを楽しむことが出来ました。刺身も柔らかくて美味しいですが、小生は丸干しが大好物。この時期のムギイカに改めて感謝です!

ikabosi.jpg

久しぶりのフグ釣り!

2019年 12月15日 11:00 (日)

 帰名、第二弾の釣りはフグのカットウ釣りです。フグ釣りは今回は3回目です。実はカットウ釣りで持参した仕掛けを根掛りで全て失い、こんな高つく釣りはもうやらないと決めていたのですが……

 中日スポーツの釣り記事で根掛りの多い伊勢湾用のカットウ仕掛けが紹介されたのがきっけで、再チャレンジです!

 その仕掛けとはカットウライトフグ シングルアーム

 従来のカットウ仕掛けを胴付にしたハイブリッド仕掛けです! 確かに掛け針がオモリより上層にあるので根掛りの確率は減ります。その記事を見て早速、製造元のヤマワ産業さんの通販で購入、替え針も20個自作し実釣です。

 お世話になったのは豊浜港の大進丸さん。 エサのアオヤギは受付で1パック600円で販売しており、3パック購入。 釣り方は錘を底につけて定期的に誘いを入れるタイム釣りです。一応、カットウ釣り専用竿ですが、竿の微妙な動きで合わせることは経験不足の小生には無理難題です。定期的なカラ合わせで、そのうち引っかかるだろうと何とも他力本願的な釣り方です(笑

 開始早々、人生初のカットウでフグを…しかもずっしり重い!これがカットウフグの醍醐味! 重みを感じながらリールを巻きますが、手元のリールカウンターを見ますが、上がってきません??? なんとリールのドラグを締めることを忘れていたみたいで…痛恨のミスです。バタバタしているうちにバレてしまいました(泣

 逃した獲物は大きいと言いますが、開始早々だったので気を取り直して再開です。しばらくして初のカットウで釣りあげましたが、最初のような重量感はなく、嬉しさ半減です。 その後も3匹を追加し、合計4杯の釣果! 

fugu.jpg

 仕掛けですが、さすがに根掛りで失ったのは1個だけで済みました。根掛りは数回ありましたが、竿と道糸を一直線にして引っ張ると軽く取れました。、これなら経済的な釣りですね。反省点としてはカラ合わせが強かったように思います。もうっ少しソフトにやれば釣果も変わっていたかもし知れませんね。仕掛けが1本針なので、大型を釣り上げれるかは未知数ですが、また再チャレンジでキロ越えを狙いたいですね!